English | Japanese
KAZUSHI ONO conductor 大野和士 指揮者
NEXT PERFORMANCE

2021年7月3-19日

ビゼー『カルメン』
【管弦楽】東京フィルハーモニー交響楽団
【合 唱】新国立劇場合唱団
【合 唱】びわ湖ホール声楽アンサンブル

新国立劇場
東京
日本
【カルメン】ステファニー・ドゥストラック 【ドン・ホセ】村上敏明 【エスカミーリョ】アレクサンドル・ドゥハメル
>>>More Info.

2021年8月4日、7日

ニュルンベルクのマイスタージンガーDie Meistersinger von Nürnberg
東京都交響楽団

東京文化会館
東京
日本
演出/イェンス=ダニエル・ヘルツォーク
>>>More Info.

2021年10月20日

ツェムリンスキー:メーテルリンクの詩による6つの歌 op.13
ツェムリンスキー:歌劇『フィレンツェの悲劇』op.16(演奏会形式)
東京都交響楽団

東京芸術劇場
東京
日本
メゾソプラノ/藤村実穂子、ソプラノ/齊藤純子、テノール/アンドレアス・シャーガー、バリトン/セス・カリコ
>>>More Info.

ニュース&レビュー
【日経電子】「ある若き詩人のためのレクイエム」 巨大編成、電子音…今年最大級の現代音楽の“事件”
5.sep.2015
ドイツの作曲家ベルント・アロイス・ツィンマーマン(1918~1970年)の晩年の大作「ある若き詩人のためのレクイエム」が8月23日、ドイツでの世界初演から46年を経て日本初演された。大野和士の総指揮の下、東京都交響楽団と新国立劇場合唱団、独唱者や朗読者、ジャズコンボまで加わる巨大編成。もう一つの主役は電子音。ヒトラーの演説やマヤコフスキーの詩、ビートルズ、各国の政治デモなどの音声を収めた録音テー…
>>>オリジナルソースへ

>>>Return