English | Japanese
KAZUSHI ONO conductor 大野和士 指揮者
NEXT PERFORMANCE

2020年9月12日

モーツァルト:交響曲第36番 ハ長調 K.425《リンツ》
ブルッフ:クラリネットとヴィオラのための二重協奏曲 ホ短調 op.88 【ブルッフ没後100年記念】
R.シュトラウス:交響詩《ツァラトゥストラはかく語りき》op.30

東京都交響楽団

サントリーホール
東京
日本
三界秀実(クラリネット)鈴木 学(ヴィオラ)
>>>More Info.

2020年9月16日

ベートーヴェン:ピアノ、ヴァイオリン、チェロのための三重協奏曲 ハ長調 op.56
ベートーヴェン:交響曲第3番 変ホ長調 op.55《英雄》

サントリーホール
東京
日本
矢部達哉(ヴァイオリン)宮田 大(チェロ)小山実稚恵(ピアノ)
>>>More Info.

2020年10月2-4日

MESSIAEN: Turangalîla Symphony (1946-48) 76’‎
Barcelona Symphony Orchestra

L'Auditori
バルセロナ
スペイン
Pierre-Laurent Aimard (piano)
>>>More Info.

ニュース&レビュー
レビュー:南仏エクス=アン=プロヴァンス音楽祭プロコフィエフ作曲「炎の天使」
2018年7月
大野和士は、オーケストラをコントロールする確かな腕でを見せ、絶え間ない興奮の流れを持続しながら、オーケストラを各幕の終結部における巨大なクライマックスに導いた。このプロダクションは必見に値する。

「Bachtrack」  デーヴィッド・カーリン記者


大野和士は、パリ管弦楽団から闇のエネルギーを引き出した。彼は鋭角的な明快さというより壮大なる構造を選択した。そして目まぐるしく変わる作品の躍動を終始、保持し続けたのである。

'Financial Times’ シャーリー・アプソープ記者
>>>オリジナルソースへ

>>>Return