English | Japanese
KAZUSHI ONO conductor 大野和士 指揮者
NEXT PERFORMANCE

2020年1月19,21,23日

プロコフィエフ:炎の天使

Teatr Wielki
ワルシャワ
ポーランド

>>>More Info.

2020年1月31日,2月1,2日

BEETHOVEN: Coriolan Overture, Op. 62‎
BEETHOVEN: “Ah, perfido!” (Ah, deceiver) Scene and aria, Op. 65 ‎
HECTOR PARRA: "Wanderwelle", for baritone and orchestra (comissioned work OBC)
Scriptwriter: Händl Klaus
BEETHOVEN: Symphony No. 5 in C minor, Op. 67‎
Barcelona Symphony and National Orchestra of Catalonia

L'Auditori
バルセロナ
スペイン
Michaela Kaune(soprano), Ekkehard Abele(baritone)
>>>More Info.

2020年2月6,7,8日

MAURICIO SOTELO: L’angelo necessario. Work commissioned by La Monnaie. National premiere
BEETHOVEN: Symphony No. 4 in B-flat major, Op. 60‎
BEETHOVEN: Concerto for violin, cello, piano and orchestra in C major, Op. 56‎
Barcelona Symphony and National Orchestra of Catalonia

L'Auditori
バルセロナ
スペイン
Guy Braunstein (violin), Alisa Weilerstein (cello), Inon Barnatan (piano), Joan Enric Lluna (clarinet)
>>>More Info.

ニュース&レビュー
レビュー:南仏エクス=アン=プロヴァンス音楽祭プロコフィエフ作曲「炎の天使」
2018年7月
大野和士は、オーケストラをコントロールする確かな腕でを見せ、絶え間ない興奮の流れを持続しながら、オーケストラを各幕の終結部における巨大なクライマックスに導いた。このプロダクションは必見に値する。

「Bachtrack」  デーヴィッド・カーリン記者


大野和士は、パリ管弦楽団から闇のエネルギーを引き出した。彼は鋭角的な明快さというより壮大なる構造を選択した。そして目まぐるしく変わる作品の躍動を終始、保持し続けたのである。

'Financial Times’ シャーリー・アプソープ記者
>>>オリジナルソースへ

>>>Return