English | Japanese
KAZUSHI ONO conductor 大野和士 指揮者
NEXT PERFORMANCE

2020年10月10-11日

BEETHOVEN : Fidelio, Op. 72 (1805 / rev. 1814) 135'‎
Opera in concert version
Barcelona Symphony Orchestra

L'Auditori
バルセロナ
スペイン
Iréne Theorin (soprano), Nikolai Schukoff (tenor), Falk Struckmann (bass-baritone)
>>>More Info.

2020年11月15,18,21,23日

《アルマゲドンの夢》オペラ作品
台本:ハリー・ロス(H.G.ウェルズの同名小説による)
作曲:藤倉 大
新国立劇場合唱団
東京フィルハーモニー交響楽団

新国立劇場
東京
日本
ピーター・タンジッツ、セス・カリコ、ジェシカ・アゾーディ、加納悦子、望月哲也
>>>More Info.

2020年12月11-13日

SOLER : En el temple and El cec de naixement (In the Temple ‎and the Man Blind from Birth), symphonic poems from the opera Jesus of ‎Nazareth - World première
DALBAVIE : Flute Concerto (2006)' - National première
RAVEL : La Valse (1919-20)
DEBUSSY : Images pour orchestre (1912)

L'Auditori
バルセロナ
スペイン
Emmanuel Pahud (flute)
>>>More Info.

ニュース&レビュー
【日経電子】「ある若き詩人のためのレクイエム」 巨大編成、電子音…今年最大級の現代音楽の“事件”
5.sep.2015
ドイツの作曲家ベルント・アロイス・ツィンマーマン(1918~1970年)の晩年の大作「ある若き詩人のためのレクイエム」が8月23日、ドイツでの世界初演から46年を経て日本初演された。大野和士の総指揮の下、東京都交響楽団と新国立劇場合唱団、独唱者や朗読者、ジャズコンボまで加わる巨大編成。もう一つの主役は電子音。ヒトラーの演説やマヤコフスキーの詩、ビートルズ、各国の政治デモなどの音声を収めた録音テー…
>>>オリジナルソースへ

>>>Return