English | Japanese
KAZUSHI ONO conductor 大野和士 指揮者
NEXT PERFORMANCE

2020年1月19,21,23日

プロコフィエフ:炎の天使

Teatr Wielki
ワルシャワ
ポーランド

>>>More Info.

2020年1月31日,2月1,2日

BEETHOVEN: Coriolan Overture, Op. 62‎
BEETHOVEN: “Ah, perfido!” (Ah, deceiver) Scene and aria, Op. 65 ‎
HECTOR PARRA: "Wanderwelle", for baritone and orchestra (comissioned work OBC)
Scriptwriter: Händl Klaus
BEETHOVEN: Symphony No. 5 in C minor, Op. 67‎
Barcelona Symphony and National Orchestra of Catalonia

L'Auditori
バルセロナ
スペイン
Michaela Kaune(soprano), Ekkehard Abele(baritone)
>>>More Info.

2020年2月6,7,8日

MAURICIO SOTELO: L’angelo necessario. Work commissioned by La Monnaie. National premiere
BEETHOVEN: Symphony No. 4 in B-flat major, Op. 60‎
BEETHOVEN: Concerto for violin, cello, piano and orchestra in C major, Op. 56‎
Barcelona Symphony and National Orchestra of Catalonia

L'Auditori
バルセロナ
スペイン
Guy Braunstein (violin), Alisa Weilerstein (cello), Inon Barnatan (piano), Joan Enric Lluna (clarinet)
>>>More Info.

ニュース&レビュー
【日経電子】「ある若き詩人のためのレクイエム」 巨大編成、電子音…今年最大級の現代音楽の“事件”
5.sep.2015
ドイツの作曲家ベルント・アロイス・ツィンマーマン(1918~1970年)の晩年の大作「ある若き詩人のためのレクイエム」が8月23日、ドイツでの世界初演から46年を経て日本初演された。大野和士の総指揮の下、東京都交響楽団と新国立劇場合唱団、独唱者や朗読者、ジャズコンボまで加わる巨大編成。もう一つの主役は電子音。ヒトラーの演説やマヤコフスキーの詩、ビートルズ、各国の政治デモなどの音声を収めた録音テー…
>>>オリジナルソースへ

>>>Return