English | Japanese
KAZUSHI ONO conductor 大野和士 指揮者
NEXT PERFORMANCE

2020年9月12日

モーツァルト:交響曲第36番 ハ長調 K.425《リンツ》
ブルッフ:クラリネットとヴィオラのための二重協奏曲 ホ短調 op.88 【ブルッフ没後100年記念】
R.シュトラウス:交響詩《ツァラトゥストラはかく語りき》op.30

東京都交響楽団

サントリーホール
東京
日本
三界秀実(クラリネット)鈴木 学(ヴィオラ)
>>>More Info.

2020年9月16日

ベートーヴェン:ピアノ、ヴァイオリン、チェロのための三重協奏曲 ハ長調 op.56
ベートーヴェン:交響曲第3番 変ホ長調 op.55《英雄》

サントリーホール
東京
日本
矢部達哉(ヴァイオリン)宮田 大(チェロ)小山実稚恵(ピアノ)
>>>More Info.

2020年10月2-4日

MESSIAEN: Turangalîla Symphony (1946-48) 76’‎
Barcelona Symphony Orchestra

L'Auditori
バルセロナ
スペイン
Pierre-Laurent Aimard (piano)
>>>More Info.

ニュース&レビュー
【読売新聞】ツィンマーマン「レクイエム」 最後の響き、聴きどころ
13.aug.2015
夏恒例の「サントリー・サマーフェスティバル」が22~30日、東京・赤坂のサントリーホールで開かれる。

目玉は日本初演となるツィンマーマン「ある若き詩人のためのレクイエム」。型破りで演奏史に足跡を残す公演になりそうだ。指揮の大野和士と、プロデューサーの音楽学者・長木誠司に聞いた。
>>>オリジナルソースへ

>>>Return