KAZUSHI ONO conductor 大野和士 指揮者
NEXT PERFORMANCE

2017年6月25日

ゲーゼ:交響曲第4番 変ロ長調 op.20
R.シュトラウス:ホルン協奏曲第1番 変ホ長調 op.11
ムソルグスキー(ラヴェル編曲):組曲《展覧会の絵》
東京都交響楽団

東京オペラシティ
東京
日本
シュテファン・ドール(ホルン)
>>>More Info.

2017年6月30日

ブリテン:歌劇『ピーター・グライムズ』より 「パッサカリア」 op.33b
細川俊夫:フルス(河)~弦楽四重奏とオーケストラのための(2014)(日本初演)
スクリャービン:交響曲第3番 op.43《神聖な詩》
東京都交響楽団

東京オペラシティ
東京
日本
アルディッティ弦楽四重奏団
>>>More Info.

2017年8月14日

DEBUSSY: Prélude à l’après-midi d’un faune
RAVEL: Piano Concerto in G major
TURNAGE: Hibiki (European Premiere)

Royal Albert Hall
ロンドン
イギリス
BBC Proms with BBC Symphony Orchestra
>>>More Info.

大野 和士
指揮者

東京都交響楽団・音楽監督
カタルーニャ国立バルセロナ交響楽団・音楽監督
東京フィルハーモニー交響楽団・桂冠指揮者
新国立劇場 オペラ部門芸術監督(2018年9月就任予定)

"現代の音楽シーンにおける最も素晴らしい音楽感性の持ち主"
そして "特別な現象"(仏・フィガロ紙)

最新ニュース
2017年6月12日
フランス文化省から指揮者・大野和士に「芸術文化勲章オフィシエ」(Officier de l'ordre des Arts et des Lettres)が授与された。
9年間にわたるリヨン国立オペラでの常任首席指揮者としての活躍が高く評価された。
また、時を同じくしてリヨン市からも特別メダルが授与された。
特に今シーズンの作品が批評家らから高く評価されたことで、リヨンでの音楽活動を受勲と受賞の連続で華やかに締めくくることになった。5月には、英国の音楽ジャーナリスト主催のインターナショナル・オペラアワードの最優秀オペラ劇場2017にオペラ・ドゥ・リヨンが選ばれ、また、フランス批評家協会主催の最優秀プロダクション部門で、大野和士が指揮したリヨン・オペラ・プロダクションのプロコフィエフ作曲「炎の天使」が選ばれている。
>>>オリジナルソースへ