KAZUSHI ONO conductor 大野和士 指揮者
NEXT PERFORMANCE

2014年10月11-26日

WAGNER: Le Vaisseau Fantôme (Der Fliegende Holländer)

リヨン国立歌劇場
リヨン
フランス
Orchestre et Choeurs de l'Opéra de Lyon
>>>More Info.

2014年10月18日

R. STRAUSS: Metamorphosen, study for 23 solo strings
R. STRAUSS: Konzert für Oboe und kleines Orchester, op.144
R. STRAUSS: Le Bourgeois Gentilhomme, suite op.60
L'Orchestre de l'Opéra de Lyon

リヨン国立歌劇場
リヨン
フランス
Frédéric Tardy (oboe)
>>>More Info.

2014年11月4日

大野和士のオペラ・レクチャーコンサート
モーツァルト: 魔笛
ベートーヴェン: フィデリオ

神奈川県立音楽堂
横浜
日本
林正子(ソプラノ)、及川尚志(テノール)、河野克典(バリトン)他
>>>More Info.

大野 和士
指揮者

フランス国立リヨン歌劇場首席指揮者
アルトゥーロ・トスカニーニ・フィラルモニカ・首席客演指揮者
東京フィルハーモニー交響楽団・桂冠指揮者

"現代の音楽シーンにおける最も素晴らしい音楽感性の持ち主"
そして "特別な現象"(仏・フィガロ紙)

最新ニュース
2014年7月
大野とオーケストラの作り上げる、香しいなかにもキリリと引き締まった音楽の豊穣さが、正味3時間半の大作を揺るぎなく支えていた。(7月5日オーチャードホール)

2014年7月14日
長木誠司・音楽評論家 朝日新聞夕刊掲載



楽器間のバランスが常にぴたりと定まっており、驚くほどブレがない。加えて1幕の「クラインザックの歌」から、微妙なフェルマータ部分に対して、ミリ単位で計ったようにオーケストラをつける。オペラにあっては、こうした正確さは、時として息苦しさにもつながるわけだが、オーケストラの高い技量ともあいまって、不満は感じさせない。

終結部、絶望するホフマンに、芸術の神ミューズ(ミシェル・ロジエ)が救済の調べを歌う。その声音の優しさが全ての物語をきれいにおりたたんで、深い余韻を与えた。(7月5日......